顔一面にできたニキビ【どうやってケアしていけばいいの?】

ニキビが顔中に出来てしまう人の場合、スキンケアでの完治は難しいです。
では、その原因とは一体何でしょうか?

 

◎顔中にニキビが出来る人はメンタルの影響が強い

ニキビが出来る場所というのは、必ず意味があると言われています。

 

前髪が肌に当たって生え際のラインに出来やすい子とか、
胃腸が荒れていて口周りにで来てしまう子など、
どれもニキビが出来る理由があります。

 

ところが、顔中となってくると、物理的な理由とかではなく、
メンタルの部分が大きく影響していることが考えられます。

 

まず、『神経質』な人は、非常にニキビが出来やすい傾向があります。
大雑把な人の方が、ストレスが溜まりにくく、ニキビが出来ない人が多いですね。

 

神経質な人の場合は、やっぱりちょっとしたことでも、
ストレスを感じやすい体質なので、
どうしても些細なことでネガティブになりがちです。

 

こうしたメンタル的な部分が、ニキビでは非常に重要になってきます。

 

◎顔中にニキビが出来るのは栄養バランスが悪い可能性も

顔中に無差別に出てくるニキビは、やはり食生活で
ちゃんと栄養バランスが取れていない可能性があります。

 

ストレスを感じる人は、体内で大量のビタミンCを消費するため、
年中ビタミンC不足になってしまうと言われています。

 

やはりビタミンやミネラルなどが足りなくなってしまうと、
ニキビや肌荒れが起こりやすくなります。

 

だからこそ、顔中にニキビが出来ている場合は、
しっかりと毎食、栄養バランスを考えた献立作るようにしましょう。
一人暮らしなどで、あんまりお料理が得意ではない人も、
やはり食生活が乱れてしまうと、肌荒れもしやすいです。

 

◎ニキビを繰り返す場合はビタミンCを内外から摂取しよう!

ニキビが何度も出来てしまうと言う場合は、
ビタミンCのサプリメントを飲むようにしましょう。

 

そして、化粧品は、ビーグレンのようにビタミンC誘導体を
しっかりと配合している物を利用します。

 

ビタミンCを内側と外側の両方から摂取すると、
非常にニキビケアに効果的です!
ちょっとした色素沈着だったら、
あっという間に治ってしまうこともあります。

ニキビに効く化粧品12種類を辛口レビューした結果はこちらへ

button_return_top