顎周りにできたニキビの治し方【効果的な化粧品も】

顎周りにできたニキビは、皮脂の分泌が過剰というよりも、
どちらかというと、内面の部分で問題を抱えている可能性があります。

 

◎顎周りのニキビはホルモンの乱れから発生

顎周りにニキビが出来る時というのは、
実はホルモンのバランスがあんまり良くないケースがあります。
そのため、生理付近になると、顎周りにニキビが出来やすくなるという人もいます。

 

生理中は、肌質も敏感肌になったり、非常に肌が揺らぎやすい時期です。
顎のニキビも、やはり生理中のホルモンバランスの崩れは非常に影響を受けます。

 

◎顎周りにばかりニキビが出来るのは『体の不調のサイン』

ニキビは主に、頬やTゾーンに出来ることが多いです。
しかし、顎や口周りなどの特定の部分に出来やすいと言う場合は、
『体の不調』が影響していると言われています。

 

特にニキビと関わりが深い臓器がやはり胃です。
胃腸が荒れると、口臭がしたり、ニキビが出来やすくなると、昔から言われています。

 

胃腸は食べた物を消化する機能がありますが、
暴食暴飲などをすると、臓器の消化運動がくたびれてしまい、
大きな負担になってしまいます。

 

疲れた臓器は、休むことなく、
どんどんと消化活動をしないといけないので、
疲れが取れないと、いつかそのツケがニキビとして、
体の中に出てくるわけです。

 

顎周りにできたニキビというのは、
まさに胃腸が限界を訴えている可能性があります。

 

◎顎周りにできたニキビを綺麗に治したいのであればケミカルピーリングも!

では、顎周りにできたニキビをどうやったら綺麗に治せるか?
おススメな方法としては、やはり美容クリニックなどで、
ケミカルピーリングを受けることです。

 

ケミカルピーリングを受けてみると、
ニキビ跡まで綺麗になってきます。

 

特に色素沈着系には効果があり、
何回か受けていると、つるつるのお肌に戻れます。

 

美容クリニックは高いけど、ちょっとでも本格的なケアがしたいと思ったら、
ドクターズコスメのビーグレンを愛用してみるのも一つの手段だと思います。

ニキビに効く化粧品12種類を辛口レビューした結果はこちらへ

button_return_top